正しく骨気のメソッドを理解しよう

近年若い女性を中心に人気が高くなってきている小顔ケアの一つが「骨気」です。この小顔ケアは韓国で誕生した美容法で、元々は婦人科系の病気の方を対象とした民間医療として利用されていましたが、美容効果の高さから最近では国内でも小顔をはじめ腕やウェストの引き締め、美脚ケアを目指す事ができる施術として注目されている傾向にあります。
美容施設などで行われている骨気は、主に小顔ケアを行う際に使用される機会が多いなど、顔のむくみやたるみを改善する効果が高い特徴があります。そもそも顔がむくむ原因の一つに、血流やリンパの流れが悪くなり、通常流れていくべき老廃物が骨と骨の間に溜まって膨張することで、顔が普段よりも大きく見えてしまうことに繋がります。
老廃物の排出を行う方法として、エステサロンで行われている顔のマッサージも即効性や小顔効果があるといわれていますが、通常のマッサージでは筋肉や皮膚に刺激を与えることで、血行やリンパの流れを良くして肌を引き締める効果があっても、その効果が持続する時間はそこまで長くないといわれています。
これは体の老廃物がたまる原因が、普段の生活で行っている悪い姿勢であったり、体の歪みが影響しているからです。しかし骨気は骨に付随している筋肉をセラピストが手技で直接圧をかけるようにして刺激を与えるので、施術時に強い痛みを感じますが費うと骨の間にある血管やリンパ管を刺激して血流を改善しますし、骨の歪みをカウンセリングを通して把握し、骨格矯正を行うように手技を行うので、顔の歪みが改善してシャープなフェイスラインが手に入るのです。
更に骨気は老廃物が蓄積する顔の歪みを解決する効果があるので、一度施術を行えばマッサージよりも効果が持続するメリットがあります。痛みが伴う手技のため、美容施設で骨気を受ける場合はメソッドをきちんと理解しているセラピストに依頼することが基本となりますが、メソッド自体は自分でも理解することが出来るので、正しいメソッドを元に自宅でセルフケアを行うことも十分に可能です。
自宅でケアを行う際に確認しておきたいのが、自分の顔に対して悩んでいることを明確にし、鏡を見ながら左右のバランスを確認しましょう。片方に重心をおきやすかったり、片方だけで食べ物を噛む癖がある場合、骨格が左右対称にならずどちらかに歪んでいるのが把握出来ます。それを元に歪んだ部分を反対方向と均一になるように骨気メソッドを実施していきます。
フェイスラインにたるみが起こっていたり、口元にほうれい線が出来るなど顔全体のたるみが目立つようなら、フェイスラインから上に顔を引き上げるメソッドが効果的です。親指と人差し指の間を活用して、フェイスラインの骨の部分に手を当てて上に向かってグイグイ押していく動作を行えば、下に下がってしまっている骨を正しい位置に戻す事ができます。骨格が改善すると筋肉や皮膚も一緒にリフトアップするので、顔周りのたるみが目立たなくなり、シャープですっきりとしたフェイスラインを手に入れることが可能です。

Leave a Reply