コルギを家で行う方法

普段自宅でフェイシャルケアを行って小顔を目指しているという方は多いですが、忙しい毎日をおくっている社会人にとって蓄積された疲労やストレスは肌トラブルに直接繋がりやすく、顔のむくみが改善されなかったり、肌のくすみが気になるという悩みを抱えている方は少なくありません。顔のむくみやハリなどを取り戻す方法として、エステサロンに通ってフェイシャルマッサージを受ける方法は人気がありますが、定期的にケアを受けなくては意味がありません。
そこで自宅で本格的な小顔ケアを行う方法として注目されているのが「コルギ」です。このコルギとは韓国発症の美容健康法の一つであり、顔のマッサージで行われている筋肉を動かす施術とは異なり、骨を動かして中に蓄積している老廃物を排出させるので、顔の歪みを矯正して小顔を手に入れることが可能です。
コルギの大きなメリットは顔のベースとなる骨格を正しい位置に戻すことが出来るので、左右対称でシャープな輪郭を手に入れることが可能になることや、美容効果が長続きするので一度ケアを行えば小顔をキープ出来る点にあります。筋肉のコリをほぐして血流やリンパの流れを改善する方法は、根本的な体の歪みを整えることは出来ないため、時間が経てばすぐに元の悪い状態に戻りやすいです。
しかしコルギであれば骨格を整えた上で、筋肉やリンパにも働きかけを行えるので、小顔効果だけではなくたるみやくすみ、シワや二重あごといったアンチエイジングにも様々な効果を与えることが出来るメリットを持っています。最近ではこの美容ケアが若い女性を中心に話題になってきていることもあり、多くの美容施設でコルギの施術が受けられるようになっていますが、この施術はコツをつかめば家でセルフケアで行うことも十分に可能です。
実際に家でセルフケアを行う際に大切なのが、コルギの感覚をつかんで正確に行っていくことです。マッサージには手の手根骨と呼ばれる手のひらと手首の間にある骨の部分です。顔の出っ張りとして目立ちやすいエラや頬骨の部位に圧力をかける際にこの部位でケアをしていきます。次にフェイスラインの施術を行う氏には、親指の付け根を利用して少し出っ張っている骨をフェイスラインのたるんでいる部分を引き上げる際に使用します。指先の骨は眉骨の部分にピンポイントで刺激を与える際に使います。
セルフケアを行う際に注意しなくてはいけないのは、適度な圧をかけてマッサージを行うケアは闇雲にグイグイ押してしまうと体に負荷がかかり、骨格を余計に歪ませてしまう原因になる可能性があります。そのため最初は鏡を見ながら骨の正しい位置を確認しながらケアを行うようしましょう。
セルフケアを家で行う習慣をつければ、フェイスラインのたるみが改善してシャープな印象になったり、二重あごが改善し小顔効果を得ることが出来ます。肌質にも影響してくるので肌荒れが気になっていた方などは積極的にスキンケアに取り入れることをおすすめします。

Leave a Reply