コルギを利用すれば顔を小さくすることも可能です

コルギとは、韓国が発祥の美容法の一種です。簡単に書くと、骨と筋肉に圧力をかけることにより血流を良くすると同時に骨の位置も直すことが可能なことから日本国内でも注目されています。
この美容法はマッサージに似ていますが、大きく違うところがあります。それは痛みの有無であり、マッサージで感じる痛みは、押したときに痛むことがありますが基本的にリラックスしながら施術を行うことができるので体に負担がかかりにくいことがメリットです。一方のコルギは、骨のゆがみを直すことも目的とするために施術を受けるとかなり痛みを感じます。しかし、その分効果の持続時間がマッサージと比べ長い点がメリットです。骨を動かすことで、顔を小さく見せることもできます。
コルギを受けるときの施術の流れですが、最初に施術に入る前にマッサージや整体などと同様にカウンセリングを受けます。カウンセリングで、骨格の位置および現在の肌の状態を確認し、効果的な施術方法を提案するという流れです。
次に、メイクを落として着替えて施術の準備を行います。普通のエステなどでも、一般的に見られる手順です。準備が整った段階で施術に入ります。いきなりコルギを行う店もありますが、先にリンパマッサージを行うことが多いです。リンパマッサージを行うことで、筋肉をほぐして骨を動かしやすい状態にします。それが終わったら、コルギを行い骨に直接圧をかけることで、骨の間にたまってしまった老廃物を流し筋肉をほぐしてむくみを解消します。リンパマッサージの後に行うことで、効果がより高まるというわけです。
それが終わったら、石膏パックを行って仕上げを行うのが一般的です。石膏パックは、40度から42度に温められた石膏を顔に塗ることで顔の血行を促進させ顔をきゅっと引き締めてくれる効果があります。石膏パックが終わったら、再び普段着へと着替えメイクを塗りなおせば施術完了です。
効果に関してですが、1週間から2週間程度は持続します。エステなどのマッサージは、直後は良く見えても効果が長続きしないケースも多いですがこちらはかなり長めです。ただし、効果が出始めるのは人によって個人差があり3日くらいかかる人もいます。ですので、施術を受けて効果がないように見えますが、あきらめてしまうのは早いといえるでしょう。効果が出るまでの期間が長い人でも定期的に通う事で、効果が出るまでの時間が短くなることが多いです。
注意点ですが、コルギはかなり痛いため痛みに慣れていない人にとっては少し大変に感じる人もいます。あまりの痛さで顔に傷ができたりあざにならないかを気にするケースもあります。ただ、痛みの原因は骨の間に老廃物がたまっている場合やむくんでいる場合に痛みが強くでやすいです。最初のうちは大変かもしれませんが、あきらめず何度か通って施術を受けることで痛みが気にならなくなることが多いです。
骨粗しょう症や妊娠中の場合は、健康を害する可能性があることからこの施術を受けることはできません。また、整形している人も断られてしまう可能性があります。まずは、気になることがある場合はスタッフなどとも相談してみましょう。

Leave a Reply