マカは1997年に日本で紹介され、多くの加工食品が販売されています。

南米ペルーに植生するアブラナ科の多年生植物「マカ」は、体質改善や疲労回復、美肌作用、更年期障害や不妊症の改善などに効果的と言われています。マカの根は、鉄分、カルシウム、必須アミノ酸などの成分を含み、特に精力剤、滋養強壮薬としての利用が広く知られ、「天然のバイアグラ」と言う表現をされることもあります。なお、マカの歴史的背景を見ると、その豊富は栄養素はインカ帝国時代から珍重されていたほか、近年ではアメリカ航空宇宙局も注目し、宇宙飛行士の食料にも採用されています。

日本では1997年、当時のペルーの日系法人が健康食品としてマカを紹介したのが始まりとされています。2001年にテレビ番組で取り上げられたことから一般に認知され、その後は普及が進む中で、ペルー国内のマカ輸出商社約120社のうち、40社程が日本と取引をしていると言うデータが残っています。年を追うごとにマカ関連の商品を取り扱う企業が増え、薬局やドラッグストア、また通信販売でも多くのマカ加工食品が販売されています。

Leave a Reply